各務原市で新築(注文住宅)・リフォーム・リノバーション・耐震補強するなら岐阜県各務原市の大幸住宅樂々工房/KIRAKU 。ご自宅のリフォーム・リノベーションに関するご相談を承ります。耐震診断・耐震補強・各種リフォーム・リノベーションのご相談は岐阜県各務原市の大幸住宅樂々工房/KIRAKUへどうぞ

トップページ  » イベント情報  » 勉強会・体験会  » 木造住宅の耐震診断を受け付けています!!

木造住宅の耐震診断を受け付けています!!

大幸住宅樂々工房 / KIRAKU では、木造住宅の耐震診断を受け付けています。

木造住宅は。。

建築基準法によって、「耐震基準」というものが
示されています。

現在の耐震基準は、新耐震設計基準
と呼ばれているもので、。。

昭和53年(1978年)に発生した宮城県沖地震の後、
建築物の耐震設計法が抜本的に見直され*昭和56年(1981年)6月1日。大きな改正が行われました。

その後。。

平成7年(1995年)1月に発生した、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を教訓に
同年、12月25日には、「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行され、
新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進める事とされました。

又、これをうけて。。*平成12年(2000年)6月1日には。。
①基礎・に関する内容②構造材の継手に関する内容③耐力壁の配置バランスに関する内容について、
大きな改正が行われました。

平成12年5月31日までに着工した木造軸組工法の建物について耐震診断を呼び掛けています

一般的には、昭和56年以前の木造住宅に関して、耐震性能の不安が指摘されています。

国や県、市町村が行っている、耐震に関する助成制度も、それをひとつのラインとして扱っています。

しかし。

昭和56年に行われた法改正は、、阪神淡路の震災以前のお話。

自宅の耐震性能について、考えるならば。。平成12年の改正を基準に考えるべきであるはずです。

大幸住宅樂々工房 / KIRAKUでは、

岐阜県 各務原市・岐阜市・関市
の近辺で、

平成12年6月1日以前に着工された、
木造軸組み工法の住宅に
お住まいの方に。。

耐震診断をお勧めすると共に、常時、受付を行っております。

耐震診断のお申し込み先

株式会社 大幸住宅 樂々工房ショールーム KIRAKU
〒504-0833 岐阜県各務原市入会町4-1
TEL: 058-322-8167  FAX: 058-322-8168

*水曜日定休*


木造住宅の耐震診断について詳しくはコチラ → 【耐震診断】

耐震に関する社長ブログ(2011年3月27日) → 【にわっちのひとり言】


▲ページのトップへ
デザイン外構 炭入りタタミ 外壁塗装
【リフォーム(リノベーション)工事の取扱い内容】
お洒落リフォーム、水まわりリフォーム、 キッチンリフォーム、浴室リフォーム、外壁リフォーム、外壁塗装、屋根塗装、 トイレリフォーム、屋根の葺き替え、洗面室・洗面化粧台リフォーム、全面リフォーム、増築、改装、間取り変更、自然素材・天然素材、 エコリフォーム, 塗り壁、 珪藻土リフォーム、 バリアフリー、オール電化、床リフォーム(無垢材・合板)、 中古住宅リフォーム・太陽光発電、中古マンションリフォーム、デザインリフォーム、耐震リフォーム、耐震補強、耐震診断、 IHクッキングヒーター取替、ガスコンロ取替、雨樋、断熱リフォーム、玄関リフォーム、外構工事、カーポート、フェンス、オーダーキッチン、畳、襖、サッシ交換、和室リフォーム、子供部屋の仕切りなどの、住宅に関わる工事全般


※当社の施工エリアは右欄をご覧ください。
 右記地域の近隣の町村もご対応いたします。お気軽にご相談ください。
株式会社 大幸住宅 樂々工房ショールーム KIRAKU
営業部事務所
〒504-0833 岐阜県各務原市入会町4-1
TEL: 058-322-8167  FAX: 058-322-8168

株式会社 大幸住宅 樂々工房
施工部事務所
〒501-3933 岐阜県関市向山町2丁目11番地10号
TEL:0575-23-5606  FAX:0575-23-5747

【営業エリア:岐阜県】
関, 美濃, 郡上, 山県, 美濃加茂, 岐阜, 各務原, 可児, 本巣 , 羽島, 大垣,多治見, 土岐, 瑞浪, 恵那, 中津川, 等

【営業エリア:愛知県】
犬山, 小牧, 春日井, 江南, 等
Copyright © KIRAKU All Rights Reserved.